05-02遺産分割協議書の作成

いわゆる相続手続きの中で一番の「キモ」となる書類です。

一言で言えば相続人全員で相談して遺産をどのように分けるかを決めた書類ということになります。
言葉にすると簡単なのですが、この書類を作るために以下のようなステップがあります。

1.相続人を調べる
通常は個人の死亡から遡って出生までの戸籍を集めます。
(被相続人=故人に子供がいない場合は両親の出生まで遡ります)

2.相続財産を調べる
被相続人=故人が持っていた現金・預金・有価証券・会員券他、車や骨董品などの動産
土地や建物などの不動産などを出来る限り調べます。

3.相続人全員の意思で遺産をどのように分けるかを決める。

分け方が決まればその通りの分割協議書を作成すればほぼ完了ですが、
我々専門職が携わる場合には、その後の名義変更や登記手続きに差し障りの
ない様に、また後々の面倒を避けるための配慮を加えた分割協議書として仕上げます。



最近のブログ記事

平成25年度 無料相談会のお知らせ
埼玉県行政書士会東松山支部では各市町にご…
04-01守秘義務について
当事務所は秘密を守ります。 当たり前すぎ…
05-02遺産分割協議書の作成
いわゆる相続手続きの中で一番の「キモ」と…