今までは相続のお手続きをしようとすると、必ず戸籍謄本の束が必要でした。
(少なくとも故人の出生~死亡まで)
そしてこの戸籍謄本の束は、不動産登記、銀行預金の払い戻し等の窓口には必ず原本を持参し、窓口または本部の人間が親族関係を読みこなすのを待たねばなりませんでした。へ
平成29年5月29日から運用開始されたこの法定相続情報証明制度では、戸籍謄本の束を集めるところまでの手順は変わりませんがそれを「法定相続人の一覧図」と共に法務局に持ち込み、その内容を「法定相続情報」として証明してもらいます。
この証明された「法定相続情報」が、今までの戸籍の束に代わって各窓口の手続きに利用される事になりました。
窓口の担当者が一々戸籍謄本の束を読みこなさないと相続人確定が出来ないことに比べ一目で相続人が分かることや、複数枚発行することも可能なため、各窓口に一度に提出して同時進行で手続きが進められるなどメリットだらけの制度となりました。
相続登記の申請手続をはじめ,被相続人名義の預金の払戻し等,様々な相続手続において相続手続に係る相続人・手続の担当部署双方の負担が軽減されます。